2017/11/24 20:45

12人に1人がなる「乳がん」、体質的な傾向はある?

どのような人が乳がんになりやすく、どうすればリスクを下げることができるのかを解説します。
どのような人が乳がんになりやすく、どうすればリスクを下げることができるのかを解説します。

乳がんには体質的な傾向や遺伝も関係している?

現在、女性に発生するがんの第1位は乳がんです。女性の12人に1人が一生のうちに乳がんになるともいわれており、死亡者数も増加傾向にあります。このように乳がんになる女性が増えたのは、どのような原因が考えられるのでしょうか。乳がんになりやすい体質や習慣などはあるのでしょうか。

まず考えられるのが、月経を経験する期間の長さです。乳がんの発症には、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが大きく関係しており、エストロゲンが分泌されるほど、乳がんのリスクは高くなります。このエストロゲンの分泌は月経と連動していることから、初潮が早く、出産歴が少なく、閉経年齢が遅いほど、乳がんのリスクは高まるというわけです。

一方で、遺伝の影響も指摘されています。「がん家系」という言葉をよく耳にしますが、乳がんにおいても自分の身内、とくに母親など、より近親の家族に乳がん経験者がいると、発症リスクが高くなることがわかっています。具体的には、乳がんを発症した人の5~10%は、遺伝性であると考えられています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >