2017/11/16 19:30

タバコ・アルコールも値上げ!嗜好品の節約

たばこやアルコール、コーヒーなどの値上げが続いています。嗜好品は毎日の生活を癒したり楽しませてくれるもの。だからこそ、削りたくない費用でもあります。そんな嗜好品と家計のバランスの取り方をお伝えします。
たばこやアルコール、コーヒーなどの値上げが続いています。嗜好品は毎日の生活を癒したり楽しませてくれるもの。だからこそ、削りたくない費用でもあります。そんな嗜好品と家計のバランスの取り方をお伝えします。

たばこ税2021年までに1本3円の増税へ調整に入る

2017年1月に「わかば」「エコー」等6銘柄(いわゆる「旧3級品」)をそれぞれ約1割 値上げを実施しました。更に、政府は来年2018年から2021年にかけて、1本3円のたばこ税の増税へ、更に火を使わず煙が出ない加熱式たばこについても増税を調整するとのこと。酒税に関しても、今後10年をかけて税制改正が行われ、ビールや日本酒が減税される反面、第三のビールやワイン、チューハイが増税されます。

嗜好品は、は「無くても生きていけるモノ」 ですが、「精神的にあると嬉しい」「あると落ち着く」というものですね。愛煙家や愛酒家にとっては悩ましい問題ですが、嗜好品は大量に摂取しても良い事はありませんので、家計と体調を考え、健康的に適度に付き合うひとつにきっかけにしてほしいと思います。

ビール・ワイン・コーヒーを株主優待で狙う

飲料系の株主優待制度は自社製品なので、ビールの会社ならビールが、コーヒーの会社ならコーヒーがと、美味しい商品が届きます。ワインの産地に本社や工場がある企業はワインが届く事もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >