2017/12/02 20:45

ひどい虫歯・歯周病…歯をボロボロにする5つの習慣

実際の臨床現場での経験から、歯をボロボロにしてしまう人に共通点を考えてみました。
実際の臨床現場での経験から、歯をボロボロにしてしまう人に共通点を考えてみました。
「一体どうしたらここまで悪くなるの?」診療を行なっていると、まれにこんな患者さんに出会うことがあります。そういった患者さんに共通しているのは、「歯科医嫌い」。歯が痛くても我慢して何とか乗りきろうとしてしまうようです。

虫歯や歯周病があまりに進行した状態で治療開始すると、完治まで1年以上かかることも。実際の臨床現場で診た経験から、歯をボロボロにしてしまう患者さんに共通している歯に悪い習慣ワースト5を紹介します。

第5位 間食

間食を含め食事を行なうと、プラークが付着している部分の表面がわずかに溶け出し、初期虫歯が発生しやすくなります。

さらに溶け出した部分が唾液による再石灰化により回復するには数時間かかるため、砂糖を含む間食をだらだら続けると、虫歯が多発する状態に陥るリスクが高まります。

酸性食品や甘い物などを食べた後は、間食や食事の間隔をしっかり空けて、だらだら食べをしないことが大切。間食が多い人ほど、虫歯のリスクは高まります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >