2017/11/27 16:30

生前贈与とは?知っておきたい活用方法と注意点

贈与とは、自己の財産を相手に無償で与えることを指します。贈与税の課税方法には「暦年課税」と「相続時精算課税」があり、受贈者(もらう側)に申告・納税義務が生じます。贈与にならないものやトラブルの原因になることについても解説します。
贈与とは、自己の財産を相手に無償で与えることを指します。贈与税の課税方法には「暦年課税」と「相続時精算課税」があり、受贈者(もらう側)に申告・納税義務が生じます。贈与にならないものやトラブルの原因になることについても解説します。

生前贈与・贈与税の基本をおさらい

平成27年からの相続税が増税になる一方で、贈与税も同時に改正になり、贈与税は場合によっては減税になっています。相続税対策が一段と盛んになっているなか、生前贈与の基礎知識・贈与税・費用・注意点について確認しておきましょう。

生前贈与とは

一般的に贈与とは、自己(贈与者)の財産を無償で相手(受贈者)に与えることを言います。このうち俗に「生前贈与」と言われるのは、相続対策を目的とした個人から別の個人への贈与を言います。その多くは親族間の贈与で、相続税対策や遺産分割対策を目的とすることがほとんどです。

生前贈与にならないものとは

生前贈与の説明の前に、そもそも贈与税の対象にならないものをいくつか紹介します。 生活費や教育費などの援助として消費したお金などは贈与税はかかりません。ただし、名目上は援助で、実は使わずに残っている場合は贈与税の対象となります。

双方の合意が無く、例えばAさんがBさん名義に財産を移転しただけといった、いわゆる名義財産はそもそも贈与にあたりません。将来Aさんに相続があった際はAさんの財産と認識され、相続税の対象になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >