2017/11/26 19:30

フェイスブックを超えたテンセントは何が凄い?

中国のネット業界の雄であるテンセントの株価が急伸し、フェイスブックの時価総額を超えてきました。株価が急伸した理由と、それでもテンセントは買いなのか?に迫ってみたいと思います。
中国のネット業界の雄であるテンセントの株価が急伸し、フェイスブックの時価総額を超えてきました。株価が急伸した理由と、それでもテンセントは買いなのか?に迫ってみたいと思います。

時価総額でフェイスブックを超えたテンセント

米国のハイテク成長株ビッグ5は「FAAMG」の頭文字で呼ばれるアップル、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックです。アップルはすでに100兆円を一時突破、他の4社も100兆円は時間の問題という企業です。これにアリババ(米国ナスダック上場:BABA)とテンセント(香港メインボード上場:00700)を合わせると世界のハイテク成長株ビッグ7と呼べると思います。

そのテンセントの株価が急伸し、フェイスブックの時価総額を超えてきました。テンセントはアップルの6掛け程度の時価総額となったものの、前期売上高はアップルの10分の1、利益も6分の1というサイズです。追い越したフェイスブックの前期売上はテンセントより25%大きく、利益は7割以上も多いところを見ると、テンセントの株価は買われすぎとも思えるところです。

しかし、市場の評価はそうでなく、現時点のテンセントの売上、利益額は株価に見合わない高さであるものの、将来の成長スピードや可能性はこの中で一番高いと思われている可能性あります。このことが同社の突出した高いPERに表れているところです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >