2017/11/26 20:30

ロボアドは投資の荒波に勝てるのか?

コンピューターに依存したAI投資が話題になっています。ロボアド運用として商品化する金融機関も増えてきました。人間が関与しないことにより、コストの低い資産運用ができることがメリットです。この10年の実績によれば、素晴らしいリターンを記録しているのですが、問題点はどこにあるのでしょうか?
コンピューターに依存したAI投資が話題になっています。ロボアド運用として商品化する金融機関も増えてきました。人間が関与しないことにより、コストの低い資産運用ができることがメリットです。この10年の実績によれば、素晴らしいリターンを記録しているのですが、問題点はどこにあるのでしょうか?

ロボアドバイザーは庶民の味方?

投資や資産運用はだれもが必要だと思っても、いざ自分で始めるには敷居の高い世界です。そこでいま注目されているのが、ロボットアドバイザーの登場です。ロボアドによる運用とは、コンピュータープログラムによる、機械的な運用指図で、お金を増やしていこうという手法。

具体的には、資産配分の決定、投資銘柄の選定、資産配分の維持などを、人間が関与することなく、自動的に行われるものです。メリットとしては、マンパワーが不要なので、コストが安いことがあります。

ロボアドによる運用を、商品提供している証券会社には、楽天証券、THEO、ウェルスナビ、マネラップ、投信工房などがあります。今後も、ロボアドの運用を商品化してくる金融機関は、銀行を含めて増えてくることでしょう。

10年実績の成績は素晴らしいが

ロボアド運用を始めるときは、どの会社を選んだらいいかという比較サイトまで出来ていますから、参考にされたらいいと思います。比較サイトで比べているポイントは、次の3つです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >