2017/12/01 20:30

50代は老後資金を作るラストチャンス

本当は若いうちから少しずつ、積立投資などで老後に必要な資金を作っていくのが理想ですが、50歳になって「貯蓄ゼロ!」という厳しい現実に直面する人もいます。貯蓄ゼロ状態から老後生活に必要な資金を作るには、どうすれば良いでしょうか。
本当は若いうちから少しずつ、積立投資などで老後に必要な資金を作っていくのが理想ですが、50歳になって「貯蓄ゼロ!」という厳しい現実に直面する人もいます。貯蓄ゼロ状態から老後生活に必要な資金を作るには、どうすれば良いでしょうか。

50代で貯金がない人はまずは自分の老後をシミュレーションしてみよう

50歳から定年を迎えるまでの10年間で、いくらの金融資産を作れるのか。まずは具体的な数字を用いて、現実を知る必要があります。最近はインターネット証券会社など、金融機関のホームページを見ると、毎月一定の積立金を、一定のリターンで、ある期間運用した場合の元利合計額を簡単に計算してくれるシミュレーションがあるので、これを利用してみましょう(以下の計算はすべて、野村証券の「みらい電卓」で計算してみました)。

50歳で貯蓄額ゼロ。これから10年間である程度、資金を作ろうと考えているAさんは、積立をスタートさせました。積立金額は月7万円。さて、60歳になった時、いくらになっているでしょうか。

まず、単純に現金を貯めていった場合は、7万円×12ヶ月×10年なので、合計で840万円になります。これを銀行の定期預金で積立した場合、利率は1年もので年0.025%ですから、合計額は841万1000円。この超低金利のため、銀行預金で運用してもタンス預金とほとんど変わらない結果でしかありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >