2017/12/01 21:15

横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットはケルンの光の世界を再現

2017年の「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が始まった。ドイツ・ケルンのクリスマスマーケットの世界観を再現。光のトンネルを創り出しているイルミネーションルーフが特徴(2017年11月24日撮影)
2017年の「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が始まった。ドイツ・ケルンのクリスマスマーケットの世界観を再現。光のトンネルを創り出しているイルミネーションルーフが特徴(2017年11月24日撮影)

ドイツ西部最大・ケルンのクリスマスマーケットの世界観を再現

横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1-1)では、2017年11月25日(土)から12月25日(月)まで、イベント広場で「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫2017」が行われる。8回目となる2017年は、光の美しさが際立つドイツ西部最大となるケルンのクリスマスマーケットの世界観を再現している。2016年は過去最高となる80万人超(※)が来場した。
※横浜赤レンガ倉庫2号館の来場者数より

高さ約12mの本物のモミの木を使ったクリスマスツリーや並木道の装飾はフラワーショップ「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」がプロデュース(2017年11月24日撮影)
海側に設置された高さ約12mのクリスマスツリーに向かって、無数のライトがついたイルミネーションルーフが飾られ、光のトンネルをつくる様子は、世界遺産のケルン大聖堂のイルミネーションの世界観をイメージしたもの。

 

クリスマスマーケットで定番のドリンク、フード、雑貨を販売

グリューワイン(600円)とラクレット風チーズソーセージ(1000円)(2017年11月24日撮影)
例年同様、ヒュッテと呼ばれる木の小屋では、本場ドイツのクリスマスマーケットで定番の「グリューワイン(ホットワイン)」や「ソーセージ」「シュトーレン」などのドリンク・フードの販売のほか、ドイツ雑貨やクリスマス雑貨を販売する。
リンダ―グラーシュ(900円)。ドイツの冬の名物料理で牛肉とパプリカなどの野菜を煮込んだビーフシチュー(2017年11月24日撮影)
ムッセン(500円~)はドイツの屋台では定番のひと口ドーナッツ(2017年11月24日撮影)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >