2017/12/04 13:30

定年後の「子や孫」にかかる出費に要注意!

60歳~64歳というと、子どもも自立し、生活費以外にはそれほど出費がかさむこともない…なんて考えているとしたら、大間違いです!この年代の出費について整理してみましょう。
60歳~64歳というと、子どもも自立し、生活費以外にはそれほど出費がかさむこともない…なんて考えているとしたら、大間違いです!この年代の出費について整理してみましょう。

定年後、思いのほかかさむ「イベント費」

60歳~64歳というと、子どもも自立し、生活費以外にはそれほど出費がかさむこともない…なんて考えているとしたら、大間違いです!まずは、この年代の出費について整理してみましょう。

人生の中で大きなイベント費といえば、結婚式、出産、住宅購入、子どもの教育費など。これらは60代になればすべて終わっているという人も多いはず。しかし、実はまだまだイベント費の負担は続きます。家族関連でいえば、定年退職をしたときに、妻にそれまでの感謝を込めて旅行に行くことを考える人も多いでしょう。特別な記念ですから、少し贅沢な海外旅行へ2人で行くとして、予算は100万円。

また子どもが結婚をした場合には、結婚資金の援助も。子ども2人として合計200万円。さらに出産をした場合には出産祝い、孫と一緒に旅行をしたり、誕生日やクリスマス、お年玉などのイベントごとに送るお祝い金やプレゼント。孫の数に応じて出費も増えますが、だいたい200万円と見積もります。今は共働きが多くなり、仕事が忙しい母親に代わって「孫育て」をする60代もとても多い。そうでなくても、毎週末孫が遊びに来るといった場合、嬉しい反面その都度ちょこちょことした出費が重なります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >