2017/12/06 22:20

38歳手取りは14万円、豊かな生活のための支出は贅沢?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、家計管理や老後資金づくりに悩む30代の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、家計管理や老後資金づくりに悩む30代の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。

老後のために貯蓄すると、今の暮らしが豊かにならない

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、家計管理や老後資金づくりに悩む30代の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。

※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

相談者

光と影さん
男性/会社員/38歳
賃貸住宅

家族構成

独身・一人暮らし

相談内容

私は38歳、独身で一人暮らしです。結婚するつもりはありません。精神・発達障がい者で、精神障害者保健福祉手帳を取得しています。現在は契約スタッフとして勤めています。契約は毎年更新されるようです。退職金は出ません。勤め先に積立貯金(年率0.25%、半年複利)があるので、毎月5万円を給料から天引きで貯金しています。これは老後のためにと思ってやっています。

現在困っていることは、老後のために積立貯金はするのですが、手取り月収が少ないため、家電等が壊れたときのための、プチ貯金がなかなかできません。また、もう少し手取りがあれば、暮らしを豊かにするための費用(交際費・書籍・CD等)にまわせるのにと思います。障がいがあり、これ以上の収入アップは見込めません。また、老後も不安です。何か良いアイデアがあれば、ご教示いただきたく存じます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >

おすすめキャンペーン