2017/12/30 20:45

熱はないのに止まらない…長引く咳の原因は?

そもそも咳は、なぜ起こるのでしょうか。長引く咳に潜む病気について解説します。
そもそも咳は、なぜ起こるのでしょうか。長引く咳に潜む病気について解説します。

咳とは……体から異物を排除するための防御手段

人間の体には、異物を排除して体を守ろうとするはたらきがあります。「咳」もそのひとつ。咳が出るのは、異物から肺や気管、気管支を守るためなのです。異物とは、ほこりや煙などのほか、目には見えない細菌やウイルスなどがあります。

また高齢者に多い、飲食物が気道に入ってしまう誤嚥も異物の侵入なので、激しい咳で排出しようとするのです。タバコの煙で咳き込む人を見ることがありますが、これはタバコの煙が人体にとって異物であることの証明といえるでしょう。

鼻や口から異物が気道に入り込むと、通常は気道の粘膜にある繊毛という組織がはたらいて、気道から喉・食道を通して胃の中へ送り込みます。しかし異物が大きかったり、刺激の強い性質のものだったり、あるいは抵抗力が落ちて繊毛のはたらきが鈍くなっていると、反射的に咳をして外へ追い出そうとするわけです。

咳症状から考えられる病気……風邪・気管支炎・咳喘息など

風邪などでも咳はよくある症状なので、私たちは咳が数日治まらなくてもあまり気にしません。しかし、咳が長引くようなら要注意です。長引く咳は隠れた病気の症状かもしれないからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >