2018/01/26 17:45

便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは

最近よく耳にする「腸内細菌」。腸内環境を整え、体調を管理する重要な役割を担っているのです。
最近よく耳にする「腸内細菌」。腸内環境を整え、体調を管理する重要な役割を担っているのです。

「腸内細菌」「腸内細菌叢」「腸内フローラ」ってどんな意味?

「腸内細菌」とは、動物やヒトの体内に棲んでいる細菌のこと。大腸内に500~1000種類、100億兆個が棲んでいるといわれています。菌のかたまりは「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれますが、花畑のようにも見えるため「腸内フローラ」と言われることもあります。

腸内細菌は「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」が理想的

腸内細菌のうち身体に有用な菌を「善玉菌」、悪影響を及ぼす菌を「悪玉菌」と呼びます。善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをしており、このどちらか強いほうに味方する「日和見菌」という細菌も存在します。

腸内での理想的な割合は、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」だと言われています。この勢力争いで、善玉菌が優勢なときが「腸内環境が整っている」状態です。いかに日和見菌を善玉菌の味方につけるかが、腸内環境を整える鍵になるとも言われています。善玉菌の代表例は、ビフィズス菌や乳酸菌などで、ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品にも多く含まれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >