2017/12/25 11:30

個人年金保険で贈与税がかかるケースの税金は?

個人年金保険の年金受取人が保険料を払っている人と別人の場合、年金受け取り開始時に贈与税がかかります。どのような計算をするのか、知っておきましょう。
個人年金保険の年金受取人が保険料を払っている人と別人の場合、年金受け取り開始時に贈与税がかかります。どのような計算をするのか、知っておきましょう。

個人年金保険で贈与税がかかるのはどんなとき?

個人年金保険で家族(たとえば妻)を年金受取人に指定した契約は、税法上では次のように考えます。

・年金の受け取りがスタートしたとき
保険料を払っている人(たとえば夫)が家族に対して年金を受け取る権利(年金受給権)を贈与したとみなし、贈与税がかかる。

・年金受け取りの2年目以降
毎年受け取る年金は、所得税の雑所得の対象になる。

贈与税の計算方法は近年変更に

贈与税を計算するには、まず、年金受給権の権利評価額の計算を行います。この評価方法による評価額は、実際の受け取り金額の現在価値と大きく離れているという認識から、評価方法が改正されて時価に近くなりました。平成23年4月1日以降に年金の受け取りがスタートする契約から、新しい評価方法で計算した評価額をもとに贈与税額を計算します。

新しい計算方法では、下記の3つのうち、最も多い金額を評価額とします。

1)解約返戻金の金額
2)年金に代えて一時金の給付が受けられる場合は、一時金の金額
3)予定利率による金額
(給付を受けるべき金額の1年当たりの平均額をもとに一定の方法で計算した金額)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >