2017/12/31 20:30

1月にディフェンシブ株を買ってはいけない?

例年、1月は相場全体で見ると上がりやすい傾向がありますが、市場ごとに見てみるとそれぞれ傾向が異なるようです。それぞれの市場でどのような傾向があるのでしょうか。また、この時期に下がりやすい傾向のある要注意銘柄はどのような銘柄でしょうか。確認してみましょう。
例年、1月は相場全体で見ると上がりやすい傾向がありますが、市場ごとに見てみるとそれぞれ傾向が異なるようです。それぞれの市場でどのような傾向があるのでしょうか。また、この時期に下がりやすい傾向のある要注意銘柄はどのような銘柄でしょうか。確認してみましょう。

1月株式市場の傾向

1月の株式市場は、相場全体で検証を行うと上昇しやすい傾向があります。しかし、大型株・小型株というように市場ごとに検証すると、それぞれの傾向は異なってきます。1月相場の傾向を把握し、さらにこの時期に下がりやすい銘柄を事前に把握しておけば、不用意に損失を被るリスクを回避することができるでしょう。

まずは日経平均採用銘柄(日経225銘柄)の傾向について検証してみます。12月末に日経225銘柄を購入し1月末に売却した場合の成績は、以下のようになりました。

【検証結果】
システムトレードの達人
勝率:43.07%
勝ち数:2,301回
負け数:3,041回
引き分け数:80回

平均損益(円):-971円、平均損益(率):-0.49%
平均利益(円):16,050円、平均利益(率):8.03%
平均損失(円):-13,875円、平均損失(率):-6.94%

合計損益(円):-5,262,894円、合計損益(率):-2,631.62%
合計利益(円):36,930,361円、合計利益(率):18,465.73%
合計損失(円):-42,193,255円、合計損失(率):-21,097.35%

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >