2018/01/03 12:20

60歳からのプチ稼ぎ、どこで仕事を探す?

60歳は、まだまだ若く、働いて収入を得たいと言う人も少なくありません。とはいえ、現役時代と同じように働くことは難しくなってくる年頃でもあります。そこで注目したいのがプチ稼ぎ。仕事を選ぶときには、セカンドライフならではの注意点についても知っておくことが大切です。
60歳は、まだまだ若く、働いて収入を得たいと言う人も少なくありません。とはいえ、現役時代と同じように働くことは難しくなってくる年頃でもあります。そこで注目したいのがプチ稼ぎ。仕事を選ぶときには、セカンドライフならではの注意点についても知っておくことが大切です。

60歳以降で収入を得ようとする場合の仕事の探し方

年齢を重ねても、生きがいのために、生活のためにと、ほんの少しでも良いので自ら稼いで収入を得たいと思う人は少なくありません。とはいえ、60歳以降で収入を得ようとする場合、仕事の範囲が狭まってしまうことがあり、思うように仕事が見つからないという話をよく聞きます。そこで今回は60歳以上の世代がどのように仕事を見つけるのか、どれくらい稼ぐことができるのか、その際の注意点について考えてみたいと思います。

耐力・体力を考えて仕事を選ぶ

本格的に収入を得ようとする場合には、ハローワークへ行く、雇用延長もしくは嘱託社員として再雇用してもらうという方法が王道ですが、今回はあくまでもプチ稼ぎ。イメージとしては、お小遣いの上乗せを目指すための仕事探しになります。その際まず考えて欲しいことは、どれくらいの時間を仕事に費やすことができるのかということです。

年齢を重ねていくと、いくら好きで始めた仕事であっても、一定時間を越えての作業は、体力的に続けていくことが難しくなってきます。自分が出来ると思える時間数よりも少ない時間で働くようにすれば、無理がありません。自分の耐力・体力を考えて、身体的に影響が出ない、影響を受けない仕事を探すことをお勧めします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >