2018/01/08 18:30

2018年に株式投資を始めるべき理由

17年終盤に最も伸びたのが資源価格です。この商品価格の上昇は世界的好景気継続と株高を示唆しており、強い需要がインフレ率を押し上げるという一段と強い経済状況を18年は期待できると思います
17年終盤に最も伸びたのが資源価格です。この商品価格の上昇は世界的好景気継続と株高を示唆しており、強い需要がインフレ率を押し上げるという一段と強い経済状況を18年は期待できると思います

2017年末の商品価格の上昇が世界的好景気継続と株高を示唆

2017年12月中旬以降の世界の株価は概ね横這いとなりましたが、年終盤に最も伸びたのが資源価格です。原油価格はWTI原油は60ドル、ブレント原油は66ドルに乗せてきました。2015年半ば以来の高水準となります。原油の年間上昇率は12%程度ながら、終盤の伸びは強烈でした。

銅やアルミ価格も高値を取ってきている中、19種類の商品価格で構成されるCRB商品先物総合指数は、高値ラインを上にブレークして2017年を締めくくりました。週足で見ると、1年間続けてきたカップウィズハンドルの最終ハンドル部分を上にクリアしたばかりの「バイ・ポイント(株べきポイント)」になります。ここから一段高となる可能性を示唆します。同指数の構成比率で最も高いのは原油です。

先行する株価に対し、一歩遅れてモノの実需やその価格(=物価)は、これからヒートアップしていくところと思われます。2017年末に米国のエネルギー株が幾つもブレークアウトを果たし、ようやく資源関連銘柄に市場の注目も集まりだしたばかりですが、2005年の初め頃にも良く似た光景があった事を覚えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >