2018/01/08 21:40

医療費控除の確定申告はいつから?1月からできる

年間に医療費を多く払った人の税金が戻る「医療費控除」。確定申告でも還付の申告については、1月から受け付けています。税務署が混まない1月中に申告してしまうのがオススメです。
年間に医療費を多く払った人の税金が戻る「医療費控除」。確定申告でも還付の申告については、1月から受け付けています。税務署が混まない1月中に申告してしまうのがオススメです。

「医療費控除」はいつから確定申告できる?1月からOK

1年間に医療費を多く払った人の税金が戻る「医療費控除」。確定申告の期間はいつからいつまでになるのでしょう?確定申告の中でも、払いすぎた税金が戻る還付申告については、前年の分を翌年の1月から申告することが可能です。

本来の確定申告期間は、原則として2月16日から3月15日までですが、医療費控除については税務署が混まない1月に申告してしまうのがオススメです。医療費控除は税金を払いすぎた場合の「還付申告」であれば、1月から確定申告できます。つまり2017年分は、2018年の1月1日から5年間受け付けてもらえます。確定申告期間2月16日~3月15日の混雑を避けたいのであれば1月中に税務署に提出するようにしましょう。

医療費控除は2018年1月から確定申告する分は領収書が不要に

医療費控除は2018年1月から確定申告する分は医療費の領収書が不要になるのでチェックをしておきましょう。領収書は、自宅で5年間保管すればOKです。医療費控除の明細書に、それぞれの医療機関でかかった合計額を記入することになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >