2018/01/22 18:15

「風邪を引きにくい家」にする方法3つ

冬本番。身の回りに風邪の人が増えてくると、「我が家も気をつけなくちゃ」と緊張感が走りますね。
冬本番。身の回りに風邪の人が増えてくると、「我が家も気をつけなくちゃ」と緊張感が走りますね。

住まいの環境を「風邪にとっておあつらえ向き」にしないために

冬本番。身の回りに風邪ひきさんが増えてくると、「我が家も気をつけなくちゃ」と緊張感が走りますね。またもうすでに風邪気味、風邪を引いてしまったという方や家族の方がいる場合、どうしたら家族に伝染させないで済むか気を揉みます。

と同時に、引いてしまった風邪を癒すのも、風邪に罹らないよう身体を休ませるのも「我が家」。つまり住まいの環境を「風邪にとっておあつらえ向き」にしないためには、どのような工夫が必要なのでしょうか?

風邪が咽喉や鼻などの呼吸器に炎症を起こすことが多い点は、ひとつのヒントになります。風邪を引きにくい住まいをめざし、呼吸する空気、「住まいの空気」に注意を払ってみてはいかがでしょうか。

風邪を引きにくくする住まいにする3つのヒント


1.部屋の気温・湿度は「適度」
夏をイメージすると分かりやすいのですが、一般的に湿度が上がるほど、体感する温度は高く(暑く)なります。一説によれば相対湿度が10%上昇すると、体感温度も1度上がるとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >