2018/01/06 20:25

海外仕様と同スペック!新型CBR1000RRのインプレッションは

ホンダのCBR1000RRは2017年にモデルチェンジし、国内仕様も海外仕様も同スペックとなりました。一週間の通勤試乗でインプレッションします。
ホンダのCBR1000RRは2017年にモデルチェンジし、国内仕様も海外仕様も同スペックとなりました。一週間の通勤試乗でインプレッションします。

見せてもらおうか、フルパワーCBR1000RRの性能とやらを!

国産バイクで最もスポーティーな走りを楽しむことができるのは、1000ccエンジンを搭載するスーパースポーツモデルです。

しかしこのクラスのスーパースポーツモデルは、販売されていたとしても排気ガスの規制の問題などで馬力が抑えられているか、国内仕様モデルは存在せず逆輸入業者から購入するしかありませんでした。そんな、他のメーカーが逆輸入業者に任せている状態でも、ホンダは馬力を抑えた国内仕様モデルを販売し続けていました。

前回試乗した2014年式CBR1000RR
以前CBR1000RRに関しては2014年のモデルに試乗した経験があります。しかしこのモデルは国内仕様用に馬力が抑えられており123PS/9500rpmでした。海外モデルに関しては178PS/12000rpmとなっているのでその差55PS。この数字は決して小さなものではありません。ですが、試乗した際は圧倒的なパワーに驚きましたし、優れた直進性や超軽量ボディなどの恩計もあり、街中でも普通に走ることができる懐の深さにも驚かされました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >