2018/01/14 08:10

結婚して退職した後の失業保険

結婚して退職した後でも、条件を満たせば失業保険(雇用保険の基本手当)を受給できます。健康保険や年金の扶養との関係についても解説します。
結婚して退職した後でも、条件を満たせば失業保険(雇用保険の基本手当)を受給できます。健康保険や年金の扶養との関係についても解説します。

結婚して退職後も失業保険の受給は可能

女性の中には、結婚を機に退職をする人もいますね。こんな時に気になるのが、退職後の失業保険。結婚退職でも失業保険が受給できるのでしょうか?結婚退職でも条件が揃えば、失業保険の給付を受けることができます。今回は、結婚退職時に失業保険が受給できる条件についてご紹介します。

再就職先を探していれば、失業保険の受給資格がある

一般的に失業保険と呼ばれているのは「雇用保険の基本手当」と呼ばれるものです。雇用保険の被保険者(給与から雇用保険料が天引きされている)が、失業状態になり再就職先を探している時に支給されます。失業の理由は問われませんので、結婚退職であっても受給資格はありますよ。結婚を機に働き方を変えたい、引越しをするので今の会社に通勤できない……などで転職したいということはあるでしょう。このような場合は、失業保険の受給資格があります。

結婚後も働く意志が必要

ただし、誰でも失業手当受給できるというわけではありません。以下の2つの条件が必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >