2018/01/30 21:15

ぐっすり眠りたい…夜中に何度も目が覚める原因は!?

寝つきはそんなに悪くないんだけど、夜中に何回も起きてしまう……。こんなことが続くと、眠りがこま切れになり、グッスリ眠れなくなってしまいます。
寝つきはそんなに悪くないんだけど、夜中に何回も起きてしまう……。こんなことが続くと、眠りがこま切れになり、グッスリ眠れなくなってしまいます。

もっとも多いタイプの不眠症

不眠症には、次の4つのタイプがあります。

・寝つきが悪い(入眠障害)
・夜中に目が覚める(中途覚醒)
・朝早くに目覚めてしまう(早朝覚醒)
・よく眠った気がしない(熟睡障害)

日本の成人で最も多いタイプが、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」で、約15%の人に見られます。原因としては加齢や飲酒、痛み、かゆみ、頻尿、うつ病、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害、睡眠状態誤認などがあります。

歳をとると、深い睡眠が減り浅い睡眠が増える人が多くなります。これは生理的なものなので、一晩に2回くらいは起きても仕方がないのですが、3回以上目覚めると睡眠がこま切れとなり、日中の生活にも悪影響がでることがあります。日中に十分な光を浴びたり運動したりして、夕方以降はカフェインや明るい光を避けるなど工夫してみましょう。

眠る前にお酒を飲むと、寝つきはよくなります。しかし、アルコールが分解されて血液の中の濃度が下がってくると、睡眠が浅くなります。さらに、アルコールはおしっこの量を増やすので、トイレのために目が覚めやすくなります。お酒を飲むなら、眠る3時間前までに適量を飲みましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >