2018/01/30 20:30

海外渡航したら、生命保険はどうなる?

海外への転勤や外国への永住――これも、ライフイベントと言えるでしょう。こんなライフイベントで海外渡航した場合、加入している生命保険はどうなるのでしょうか?
海外への転勤や外国への永住――これも、ライフイベントと言えるでしょう。こんなライフイベントで海外渡航した場合、加入している生命保険はどうなるのでしょうか?

海外に行く前に手続きが必要

生命保険は、保険料をきちんと払い続けていれば契約は有効に継続し、保険金や給付金の請求もできます。これは、海外転勤や移住で日本にいない場合も同様です。ただ、被保険者が長く日本を留守にする際は、事前に手続きが必要です。その手続きは、大きくわけて2つあります。

■書類の提出

保険会社では、海外転勤や移住する場合の届け出書類を用意してあります。転勤と移住では、提出する書類が若干異なるので、加入している保険会社に確認して取り寄せましょう。

■保険料の支払い方法の選択
これには、下記の3つの方法があります。

1.本人の国内にある金融機関の口座や勤務先の国内給料からの引き落とし(海外転勤の場合)、クレジットカード払い
この場合、国内にいたときと同じ払い方なら、特に変更手続きは必要ありません。ただ、国内金融機関の口座やクレジットカード払いにしている人は、海外にいる間、口座残高に注意するのを忘れないで。保険料の引き落としができなくなると、契約が消滅してしまうからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >