2018/01/25 11:30

モディノミクスでインドに注目!8つの関連銘柄

インドへの注目度が高まっています。2016年5月に就任したモディ首相の下で「モディノミクス」ともいわれる構造改革が功を奏し、経済成長が継続していることが重要なポイントです。また、労働人口が増加傾向にあることに加えて、所得が上昇しています。
インドへの注目度が高まっています。2016年5月に就任したモディ首相の下で「モディノミクス」ともいわれる構造改革が功を奏し、経済成長が継続していることが重要なポイントです。また、労働人口が増加傾向にあることに加えて、所得が上昇しています。

人口・所得増で注目!経済成長するインド関連8銘柄

インドへの注目度が高まっています。2016年5月に就任したモディ首相の下で「モディノミクス」ともいわれる構造改革が功を奏し、経済成長が継続していることが重要なポイントです。また、労働人口が増加傾向にあることに加えて、所得が上昇しています。

「モディノミクス」で2018年はビジネスが活発化へ

報道によれば、2018年のインドのGDP成長率は7.4%と、昨年の6.7%から再加速が見込まれています。モディ首相は2016年11月に実施した「高額紙幣の廃止」に続き、これまで地方(州)ごとに課税していた間接税を国家として統一するGST(物品・サービス税)を2017年7月に導入しました。当初はこの混乱から成長率が鈍化しましたが、高コスト体質の改善や税制の透明性・簡素化推進で企業活動が活発になってきています。

これまでは州を越えるたびにGSTが課されたため、企業は州内の活動に留めたり、州ごとに製造拠点を設置するなどの対応を余儀なくされていました。今後は煩雑な手続きの解消や、物流・管理コストの削減、広域ビジネスなど、経済がさらに活性化すると期待されています。高額紙幣の廃止は、アングラマネーのあぶり出しに役立ったようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >