2018/01/31 18:15

カビ、ダニ、悪臭…今すぐできる「結露」対策

寒さが本格化し、暖房器具を使うことの増えたこの時季、毎朝のように生じてしまう「結露」……どうすれば避けられる?
寒さが本格化し、暖房器具を使うことの増えたこの時季、毎朝のように生じてしまう「結露」……どうすれば避けられる?

「結露」はどうして起こるのか

寒さが本格化し、暖房器具を使うことの増えたこの時季、毎朝のように「結露」に悩まされているかたも多いのではないでしょうか。

「結露」とは、大雑把にいえば空気中の水蒸気(気体)が、温度差のある境目で水(個体)に変わってしまう現象のこと。冬場は室内の気温が20℃で湿度50%(特に加湿し過ぎではない)でも、窓の向こうの気温が5度で、窓ガラスの温度が外気に準じて下がってしまっていれば、ガラス上で結露が生じてしまいます。

部屋の外の空気(の温度)が、直接部屋の中の空気に触れないような「ペアガラス」や「二重窓」などであればこういった窓の結露も生じにくいのですが、まだこういった設備はなかなか当たり前ではないため結露対策が個々の暮らしの中で求められるのです。

「結露」のデメリット

この結露。ただ窓が毎朝ビショビショになるだけ(見た目が不愉快)といったデメリットで済まない点が厄介です。この毎朝のビショビショが原因で窓周りやカーテンにカビが生えたり、壁や床に滲み出すことで内装材が腐ったり、ダニが発生したり、異臭の原因になったりしかねないためです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >