2018/01/31 18:30

個人年金保険の保険料は生命保険料控除を受けられる!

個人年金保険の保険料は、生命保険料控除が受けられて税金が安くなります。といっても、無条件・無制限に個人年金保険料控除が受けられるというわけではありません。「どんな条件なら?」「いくらまでなら?」そんな疑問にお答えします。
個人年金保険の保険料は、生命保険料控除が受けられて税金が安くなります。といっても、無条件・無制限に個人年金保険料控除が受けられるというわけではありません。「どんな条件なら?」「いくらまでなら?」そんな疑問にお答えします。

個人年金保険料控除が受けられる要件とは?

個人年金保険に加入していると、1年間に支払った保険料の一定額を、その年の所得から差し引いてくれる税法上の特典があり、これを「生命保険料控除」(所得控除のひとつ)といいます。生命保険料控除は、平成23年12月31日までに契約した保険(旧契約)は「一般」と「年金」の2種類、平成24年1月1日以降に契約した保険(新契約)は「一般」と「介護医療」、「年金」の3種類あります。

契約時期に関係なく、個人年金保険料控除は「個人年金保険料税制適格特約」を付けた年金保険に限られ、個人年金保険なら何でも対象となるわけではありません。この特約を付けるには、以下の4つの要件をすべて満たしていなければなりません。

・年金受取人の名義が契約者または配偶者のどちらかであること
・年金受取人は被保険者と同じ人であること
・保険料を払い込む期間は10年以上あること(一時払いはダメ)
・受け取る年金の種類が確定年金・有期年金の場合は、年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、年金受取期間が10年以上であること

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >