2018/01/27 22:20

35歳独身、貯金250万円。住宅ローン繰上返済で悩む

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅ローンの返済に悩む30代の独身女性の方です。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅ローンの返済に悩む30代の独身女性の方です。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。

繰上返済をするよりも現金を増やすべきですか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅ローンの返済に悩む30代の独身女性の方です。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。

※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

相談者

もずくさん(仮名)
女性/会社員/35歳
千葉県/持ち家・マンション

家族構成

独身、一人暮らし

相談内容

住宅ローン返済中ですが、返済完了が63歳のため、60歳までに完了できるように繰り上げ返済を考えています。現在の預金はとくに使う予定はないため、そこから150万円を繰り上げ返済に充てようと思っていますが、現金として持っておくべきでしょうか?

毎月の貯蓄から2万3000円、個人型確定拠出年金を始めたいと考えています。それとは別に投資信託を行おうと思っていますが、これも現金で持っていた方が良いでしょうか。結婚の予定もなく、奨学金の返済もあと2年で終わる為、その分貯蓄も増やせます、したがって、今さほど現金が手元になくてもいいのではと考えていますが、そのあたりの現金と投資のバランス等をアドバイスがいただければありがたいです。
また、がん保険、介護保険、個人年金のいずれかに入った方がよいのか迷っています。合わせて、よろしくお願いいたします。


家計収支データ

「もずく」さんの家計収支データ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >