2018/02/04 11:30

所得控除って何?どんな種類がある?

病気がちな人、面倒をみなくてはいけない家族がたくさんいる人、学費のかかる子どもがいる人……世の中にはいろいろな事情を抱えている人がいます。このような個々の事情も、税金の世界では考慮されます。それが「所得控除」。どんな種類があり、どれくらい税負担が軽くなるのかを解説します。
病気がちな人、面倒をみなくてはいけない家族がたくさんいる人、学費のかかる子どもがいる人……世の中にはいろいろな事情を抱えている人がいます。このような個々の事情も、税金の世界では考慮されます。それが「所得控除」。どんな種類があり、どれくらい税負担が軽くなるのかを解説します。

所得控除とは税負担を軽くする配慮

障害を負った人、健常な人、学費のかかる子どもがいる人、病気がちな人、健康な人、面倒をみなくてはいけない家族がたくさんいる人やそうではない人……世の中にはさまざまな境遇の人がいます。また、社会保険料をきちんと納めている人と滞納している人、生命保険や地震保険に加入している人としてない人、といった違いもあります。

税務というのは本来「課税の公平性」といって、税金を負担する能力に応じて課税するという考えに基づいています。そのため、年収以外にもこのような諸事情についてきちんと考慮してくれています。

障害を負った人、学費のかかる子どもがいる人、病気がちな人や面倒をみなくてはいけない家族がたくさんいる人、社会保険料をきちんと納めている人や生命保険や地震保険に加入している人などについて、税務では規定を設け、税負担を軽くする制度があります。これが「所得控除」といわれるものです。

所得控除は14種類

所得控除は現在14種類あります。また、社会政策的配慮から設けられているもの(=物的控除)と納税者の個人的事情を考慮したもの(=人的控除)の2つに大別できます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >