2018/02/05 08:10

「百貨店積立」はお得?金利換算で15%超にも

いよいよ消費税10%時代がやってきます。増税後は消費マインドも冷え込みそうですが、そんな逆風にも負けない積立商品が関心を集めています。それが、百貨店【デパート】積立。何がお得で、どう活用すればいいのか。じっくりリサーチしてみます。
いよいよ消費税10%時代がやってきます。増税後は消費マインドも冷え込みそうですが、そんな逆風にも負けない積立商品が関心を集めています。それが、百貨店【デパート】積立。何がお得で、どう活用すればいいのか。じっくりリサーチしてみます。

デパート積立は金利換算で15%超のお得度

消費税8%もやっと慣れてきたわけですが、2019年10月にはいよいよ10%となる予定。となると、増税後は、とくに値の張るようなデパートでの買い物はグッと我慢でしょうか……。そんな中、にわかに人気となりつつある積立商品があります。積立と言っても、貯めるための商品ではありません。使うために、しかもよりお得に使うための商品、「百貨店積立(デパート積立)」です。

百貨店積立は、ほとんどの大手デパートで取り扱っています。「○○友の会」という名称が多く、毎月一定額を半年もしくは1年間積み立てるというのが一般的。1回の積立額は3000円ないし5000円からで、最高額は1万~5万円とデパートによってまちまち。満期になると、積立額にボーナスがチャージされた会員カードや配布される商品券で買い物ができます。

着目すべきはそのボーナス分。多くのデパートでは、1年間積み立てて、満期時に1ヵ月分のボーナスが付きます。例えば、1万円コースなら満期時には13万円のチャージが付きますが、これを預金金利に換算すれば15%超。これだけで驚異的な利回りですが、銀行等の預金金利には20.315%の税金が発生するのに対して、こちらのボーナスは無税。実質金利はさらに高いことになるわけです。個別のデパートでしか使用できませんが、それでも十分魅力的と言えるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >