2018/02/04 20:30

お金を貯めたいなら、普通預金のワナに注意

お金を貯めるには、マネー商品選びが重要です。会社に制度があれば財形貯蓄や確定拠出年金、なければ銀行の自動積立預金が最優先。さらに定期預金の口座を持つことが重要。つまり、「給与振込口座=普通預金」とは別の口座を用意することが大事です。普通預金口座しかない、その問題点を探ります。
お金を貯めるには、マネー商品選びが重要です。会社に制度があれば財形貯蓄や確定拠出年金、なければ銀行の自動積立預金が最優先。さらに定期預金の口座を持つことが重要。つまり、「給与振込口座=普通預金」とは別の口座を用意することが大事です。普通預金口座しかない、その問題点を探ります。

普通預金口座だけではお金は貯まらない

だれでも一つは普通預金口座を持っていますね。通常は給与振込口座が、そのまま生活口座となります。お金が貯まらない人は、この普通預金の口座しか持っていないケースが多く、使わないお金を別の口座に預け替えすることをしません。

残ったお金は普通預金口座にあるのだから、それでいい。と思っていると、お金が貯まらないどころか、目減りする可能性が高くなり、ある一定の金額以上にお金は貯まらないのです。どういうことか説明しましょう。

ひとつには、普通預金口座だけだと、「お金を貯める」意識が身に付かないからです。お金を貯めるには、自分への意識付けが大事です。よほど、自分に自信があり、ムダ使いはしないから普通預金だけで問題ない、と考える人もいるでしょう。積み立て貯蓄はしているから、それ以外に貯蓄する余裕はない、という人もいるでしょう。でも、普通預金に預けっぱなし、給与天引きの貯蓄に頼りっぱなしだと、お金はなかなか増えていきません。それは、お金を貯める意識が高まらないからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >