2018/02/08 19:30

水道管凍結・破裂などの事故は火災保険の対象?

冬の気温が下がる時期に多いのが水道管凍結による破裂などの損害です。火災保険では補償が難しい部分もありますが、最近は少し補償するタイプがでてきています。
冬の気温が下がる時期に多いのが水道管凍結による破裂などの損害です。火災保険では補償が難しい部分もありますが、最近は少し補償するタイプがでてきています。

水道管が凍結して破裂したら、火災保険は使える?

冬の気温が下がる時期に建物外部にある水道管が凍結したり、破裂したりすることがあります。水道管凍結による損害が火災保険で補償されるのか、また火災保険には凍結などについて間違えやすい補償もあります。水道管凍結による事故と火災保険の補償についてまとめます。

火災保険の破裂・爆発で水道管凍結は補償される?

最初に火災保険の補償の一つである「破裂・爆発」について確認します。破裂と記載されていると水道管凍結も補償されそうですが、実はこの補償は全く別です。

細かい規定は割愛しますが、ここでいう破裂・爆発というのは例えばガス爆発などを想定しています。水道管凍結が原因となるものについてはこの補償では対象外となります。

火災保険の「水漏れ」の補償は水道管凍結を補償する?

次に火災保険にある「水漏れ」補償についてです。損害保険会社や火災保険の商品によっては、給排水設備の不備による水濡れという言い回しになっていることがあります。給排水設備と聞くと水道管凍結が何となくいけそうな気がします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >