2018/02/10 08:10

意外?「先取り貯蓄」をしなくても貯まる人の特徴3つ

「貯まる人」の行動をみると、「先取り貯蓄」といって、先に貯蓄し、残ったお金で生活するケースが圧倒的に多いです。ところが、貯蓄中上級者のなかには、「先取り貯蓄」をしなくても貯めている方も結構います。
「貯まる人」の行動をみると、「先取り貯蓄」といって、先に貯蓄し、残ったお金で生活するケースが圧倒的に多いです。ところが、貯蓄中上級者のなかには、「先取り貯蓄」をしなくても貯めている方も結構います。

「先取り貯蓄」以外のことをしている貯蓄上級者とは?

ガイド西山は、これまで雑誌の企画等で、のべ1万人の「貯まる人」「貯まらない人」「普通の人」のアンケート結果のローデータ(何も処理をしていない生のデータ)を見て、数百人の「貯まる人」「貯まらない人」に取材をしてきました。

「貯まる人」の行動パターンで多いのが、「先取り貯蓄」といって、先にお金を貯め、残ったお金で生活する方法。貯蓄初心者さんには、ぜひオススメしたい貯蓄法です。ところが、「貯まる人」の中には、この先取り貯蓄をしていない人も多数います。では、どのようなことをして、たくさん貯められているのでしょうか。「先に貯めなくても貯まる人の特徴」を3つ紹介します。

特徴1:毎月、使うお金を決めている

「今月使っていいお金は、合計で8万円」というように、貯めるお金ではなく、「使うお金」を自分で決めているのです。例えば、手取り月収が20万円のAさんの場合、家賃で7万円、水道光熱費等の固定費が2万円かかるため、食費や外食費、交際費、洋服代など、「自分が自由に使えるお金は8万円にしよう」、それなら毎月3万円は貯められそうだ…などと逆算して考えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >