2018/02/15 23:05

住民税の均等割とは?住民税を支払わなくても大丈夫な人は?

住民税の均等割とは?
住民税の均等割とは?

住民税とは?均等割と所得割に区別される

住民税とは都道府県民税と市区町村民税の合計で、均等割と所得割に区別されます。住民とは住んでいる個人だけでなく、法人も含まれます。事業所や事務所、家屋敷を持っている場合、住んでいなくても課税されることがあります。

法人も個人も住民税(当道府県民税と市区町村民税)を負担するのです。ここでは主に個人住民税についてお話していきたいと思います。

個人住民税の均等割とは?

では、個人住民税の均等割とは何でしょう?

個人住民税の均等割とは、所得が多いか少ないかにかかわらず負担する均等の税額のことです。2014(平成26)年度より500円引き上げられ、標準税率は市区町村税が3500円、都道府県税が1500円です。

均等割りは自治体によって異なり、市区町村税は3500円から4400円、都道府県税は1500円から2500円まで負担額に幅があります。

個人住民税の所得割とは?

個人住民税の所得割とは何でしょう?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >