2018/03/29 19:45

【花粉症で眠れない人へ】負のスパイラルを解消する方法

【医師が解説】花粉症になると、頭がぼんやりとして、仕事や家事、勉強にも集中しにくくなるもの。これは鼻水・鼻づまりだけが原因ではありません。花粉症の不快な症状による寝不足・不眠により、花粉症の症状がさらに悪化するという負のスパイラルに陥っている可能性があります。花粉のシーズンも質のよい睡眠をとるコツをご紹介します。
【医師が解説】花粉症になると、頭がぼんやりとして、仕事や家事、勉強にも集中しにくくなるもの。これは鼻水・鼻づまりだけが原因ではありません。花粉症の不快な症状による寝不足・不眠により、花粉症の症状がさらに悪化するという負のスパイラルに陥っている可能性があります。花粉のシーズンも質のよい睡眠をとるコツをご紹介します。

花粉症と睡眠不足の負のスパイラル


製薬会社のグラクソ・スミスクラインが以前行った花粉症と眠りに関する調査の結果報告で、興味深いものがあります。全国に住む20歳以上の花粉症患者500人を対象にインターネットを通じて行われたこのアンケート調査によると、花粉症の症状で最もつらいのは鼻づまりという人が非常に多かったようです。今回はそのアンケート結果も見ながら、花粉症と睡眠の質について考えてみましょう。

■花粉症の時期に最もつらいと感じるときは?
1位:就寝時 27%
2位:仕事中・デスクワーク時 21%
3位:睡眠中 20%
4位:人と話をしているとき 6%
5位:起床時 5%

睡眠中とその前後が最もつらいと感じる人が過半数の52%もいるようです。特に男性の32%は、睡眠中が最もつらいと答えています。今や日本人の4人に1人は花粉症ですから、花粉症の時期は睡眠障害が急増していることが考えられます。

■鼻がつまって一番困ることは?(複数回答可)
1位:睡眠 81%
2位:呼吸 74%
3位:仕事・勉強 40%
4位:食事 35%
5位:会話 33%

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >