2018/03/31 18:15

ソファーがなくても、快適なリビングを作るコツ

リビングにはソファーがないと完成しない、くつろげない。と思い込んでいませんか? ダイニングセットの選び方や配置次第で、ソファーがなくても、ゆったりくつろげるリビングは作れます。
リビングにはソファーがないと完成しない、くつろげない。と思い込んでいませんか? ダイニングセットの選び方や配置次第で、ソファーがなくても、ゆったりくつろげるリビングは作れます。

「リビングにはソファーがないと完成しない」、そんな固定概念を取り除くと、広々としたリビングに

「食事をするのはダイニングセットで、くつろぐのはリビングのソファーで」と、思い込んでいませんか? 食事もできて、リビングのようにくつろげるダイニングコーナーを作ることは可能です。そんなリビング作りのコツを3点、ご紹介します。

1:一本脚のラウンド型ダイニングを空間の主役に

肘つき椅子をゆったりと合わせたスタイリングも(カンディハウス東京ショップにて)

一本脚のラウンド型テーブルは、どこにでも椅子を置けるため、設置場所に融通が利きます。空間の真ん中に設置しても美しく、写真のようにゆったりとした椅子を合わせれば、リビングのくつろぎを演出できます。また、たくさんの人が集まるときでも、立食スタイルにして、自然にテーブルを囲むことができます。

大きさの選び方としての目安は、1人につき幅は600mm、奥行きは350~400mm。不自由なく食事ができる、最低限の大きさです。単純計算して、4人がけなら直径900mm~。5人がけなら直径1050mm~。6人がけは直径1200mm~を目安に考えましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >