2018/04/02 19:45

「野菜が高くて買えない人」のための食生活マニュアル

「野菜は高くて買えない」という声をよく耳にしますが、本当にそうでしょうか? 私たち栄養士の感覚では、野菜はむしろ安いと感じています。ただし、使い切れないうちに傷んでしまい、捨ててしまうことがなければという条件付。そこで今回は、保存性が高い野菜や使い切りやすい野菜、そして野菜を上手に使いきる料理法をお伝えします。
「野菜は高くて買えない」という声をよく耳にしますが、本当にそうでしょうか? 私たち栄養士の感覚では、野菜はむしろ安いと感じています。ただし、使い切れないうちに傷んでしまい、捨ててしまうことがなければという条件付。そこで今回は、保存性が高い野菜や使い切りやすい野菜、そして野菜を上手に使いきる料理法をお伝えします。

野菜は高い?


「野菜をしっかり食べるようにして下さい」栄養士はよくこんなことを言います。実は野菜は“かさ”があるので、食べ応えがある割に低カロリー。我慢をしているダイエット希望者だけでなく、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の予防にも役立ちます。そのため「野菜をしっかり食べてください」という話になるのですが、時々「高くて買えない」という声を聞くこともあります。

厚生労働省が実施している「2011年国民健康・栄養調査」では、収入の低い人は収入の高い人より野菜摂取量が少ないとの結果が発表されました。実際の患者様の声を反映するかのような結果です。

それでも、栄養士は声を大にして言いたいのです。「野菜は上手に使えば家計に優しいんですよ!」と。

野菜を家計の味方にするには


まず、野菜を家計の味方にするには、野菜の特徴を知らなければなりません。スーパーで売られている野菜は

・「根菜」「イモ類」「葉物」「その他の野菜(きゅうり、アスパラなど)」「もやし、豆類」「きのこ類」「水煮野菜」「冷凍野菜」「カット野菜」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >