2018/04/06 19:45

これで熟睡?電車の居眠りで首を痛めない眠り方

仕事で忙しい方は、通勤電車での居眠りはちょっとした幸せな時間でしょう。でもそんな居眠りから目覚めた後、首や肩につっぱり感や痛みを感じることはありませんか? もともと首が不調の人はこういった痛みに見舞われやすいものです。首や肩の痛みの引き金となり得る眠り方、上手な眠り方のコツを解説します。
仕事で忙しい方は、通勤電車での居眠りはちょっとした幸せな時間でしょう。でもそんな居眠りから目覚めた後、首や肩につっぱり感や痛みを感じることはありませんか? もともと首が不調の人はこういった痛みに見舞われやすいものです。首や肩の痛みの引き金となり得る眠り方、上手な眠り方のコツを解説します。

寝不足を補うはずの居眠りで、身体に不調が……


電車やバスで椅子に座ると、いつの間にかうとうと……。仕事や勉強で忙しい毎日、電車やバスの移動時間に座れると、ほっと一息つけるという方も少なくないでしょう。睡眠不足を補うのに少し居眠りをしてしまうこともあると思います。しかし、心地良い眠りから目が覚めて、首を動かそうとすると、なぜか首が動かない……。これは寝違え? 意外と多くの人に経験があるのでないでしょうか。

居眠りの姿勢が悪かったのか、いつも姿勢が悪いから仕方ないのか、自分の姿勢を省みる人も多いようです。貴重な睡眠時間、寝覚めの不調は避けたいですね。座り姿勢の居眠りから目覚めた後、首や肩の痛みの引き金となってしまう4つのケースをご紹介しましょう。

背骨のS字カーブは立ち姿勢向け……座ると姿勢は崩れやすい


通勤電車で席が空いていると、ちょっと得した気分になるかもしれませんが、中には座ったことで首や腰が痛くなってしまう人も。ヒトの背骨はもともと自然なS字カーブを描いています。まずはこのS字カーブについてご説明しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >