2018/04/09 19:45

信じすぎるとヤバイ?精神医学的にみるお守りの効果

【医師が解説】縁結びが叶ったり、病気が治ったり、志望校に合格したり。恋愛成就や学業成就などのお守りのご利益や、パワーストーンなどの効果を信じて身に付けている方は多いもの。「お守りは効果なし。非科学的だから買わない」という人もいるようですが、今回は精神医学的に見るお守りの効果、お守り等への依存が強すぎる場合の注意点等について解説します。
【医師が解説】縁結びが叶ったり、病気が治ったり、志望校に合格したり。恋愛成就や学業成就などのお守りのご利益や、パワーストーンなどの効果を信じて身に付けている方は多いもの。「お守りは効果なし。非科学的だから買わない」という人もいるようですが、今回は精神医学的に見るお守りの効果、お守り等への依存が強すぎる場合の注意点等について解説します。

お守りのご利益・効果……「効果なし」とは言えない面も


健康祈願、商売繁盛、恋愛成就、合格祈願……。神社などに行くと願い事に合わせて様々な種類のお守りが売られています。これらのお守りをバッグや財布に入れて持ち歩いている人や、「幸運の○○」「子宝に恵まれる××」と言われるようなモチーフや、パワーストーンで作られたブレスレッドなど、いわゆるラッキーチャームの類を身に付けている人は少なくないものです。受験勉強中や病気が見つかった時など、それぞれにご利益があると言われる神社などにお参りに行き、強い気持ちでこれらのお守りにすがることもあるでしょう。

また以前は、組み紐の一種である「ミサンガ」が「自然に切れると願いが叶う」といった言葉とともに、サッカー選手から広まって大流行したこともあり、お守り的なものがファッションとしての要素を強めて人気を集めたこともあります。

いずれにしても、それらの効果は科学的根拠はないと言う人は少なくないでしょうが、そんな野暮な事は言わないで……と思われる方も少なくないでしょう。今回はこれらの広い意味での「お守り」の、精神医学的な効果について、詳しく解説します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >