2018/03/28 18:30

退職金のひとつ「企業年金」もらい方のコツとは

民間の会社は退職金の支払いを法律で定められているわけではありません。それぞれの会社が独自に行っているのですが、多くの場合「退職一時金」と「企業年金」の2種類があります。退職一時金は一括で受け取ることになります。それに対して、企業年金は、年金として「分割して受け取る」か、一時金として「一括で受け取る」かを選ぶことができます。
民間の会社は退職金の支払いを法律で定められているわけではありません。それぞれの会社が独自に行っているのですが、多くの場合「退職一時金」と「企業年金」の2種類があります。退職一時金は一括で受け取ることになります。それに対して、企業年金は、年金として「分割して受け取る」か、一時金として「一括で受け取る」かを選ぶことができます。

企業年金は退職金制度に組み込まれています

今日、多くの会社が退職金の制度を設けています。退職金の始まりは、江戸時代の「のれんわけ」にあったといいます。独立・退職する従業員に、独立資金や営業する権利をあげていたのですね。現在のような退職金が普及し始めたのは、終戦の混乱が落ち着いてきた1950年代から。1960年代になると従業員100名以上の会社の90%以上が退職金制度を導入しました。日本人の平均寿命が延び続ける今、退職金は「老後の生活保障」という意味合いが強まっています。大江英樹さんとの共著「定年男子 定年女子」では、定年後のお金や生活スタイルを掲載しています。

企業年金は、会社の外部に退職金を積み立てて管理・運用

退職金、と一言で言っても、民間の会社は退職金の支払いを法律で定められているわけではありません。それぞれの会社が独自に行っているのですが、多くの場合「退職一時金」と「企業年金」の2種類があります。「退職一時金」は、会社が退職金規定などを定めて、支払いのルールや金額などを決めています。退職する時に一括で受け取ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >