2018/04/01 20:25

東急でも「有料座席指定車両」を運行へ 通勤客の分散につながるか?

2018年3月26日、東急電鉄は2018年冬から、東急電鉄初となる平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始すると発表した。リリースによると、大井町駅から田園都市線方面へ帰宅する際の着席ニーズに応えるものだという。写真は、現行の大井町線急行電車
2018年3月26日、東急電鉄は2018年冬から、東急電鉄初となる平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始すると発表した。リリースによると、大井町駅から田園都市線方面へ帰宅する際の着席ニーズに応えるものだという。写真は、現行の大井町線急行電車

2018年冬から、田園都市線方面への着席ニーズに応える

2018年3月26日、東急電鉄は2018年冬から、東急電鉄初となる平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始すると発表した。リリースによると、大井町駅から田園都市線方面へ帰宅する際の着席ニーズに応えるものだという。
 

私鉄各社では「有料座席指定列車」の運行が相次ぐ

このところ、首都圏の私鉄では、有料座席指定列車の新たな運行開始が相次いでいて、2月22日から京王電鉄が「京王ライナー」を、3月10日から西武鉄道が「拝島ライナー」をスタートさせたばかりである。また、運行開始1年を迎えた西武のSトレインも有楽町線直通のルートを夜間3本から5本に増発したばかりだ。
 
そうした動きに刺激されたのか、これまで、西武から土休日のみ東横線に乗り入れてくるSトレインをのぞいては有料座席指定列車と無縁だった東急までが、この流れに参戦するに至ったのである。
 

新サービスは「夜間1時間に1本ペース」「7両編成のうちの1両が指定席車」

左:座席指定車を連結することになる新型車両6020系、右:6020系のクロスシートのイメージ(東急プレスリリースより)
リリースによると、新型車両6020系7両編成のうちの1両をロングシートからクロスシートへ転換できる車両に置き換え、平日の19時30分から23時台の間の5本程度を、座席指定サービス車両として運用する。この時間帯は、「京王ライナー」と似ていて、1時間に1本程度の頻度だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >