2018/04/03 21:40

資産運用を始める前に知っておきたい5つの心得

貯まったお金を少しでも増やしたいと思った時、資産運用を始める前に知っておきたいポイントをお伝えします。資産形成の基本は仕事と貯蓄です。仕事でお金を稼ぎ、貯蓄をして初めて投資の種銭を持つ事ができます。種銭がある程度貯まったら、どれ位のお金を運用に回せるかをしっかり考えましょう。
貯まったお金を少しでも増やしたいと思った時、資産運用を始める前に知っておきたいポイントをお伝えします。資産形成の基本は仕事と貯蓄です。仕事でお金を稼ぎ、貯蓄をして初めて投資の種銭を持つ事ができます。種銭がある程度貯まったら、どれ位のお金を運用に回せるかをしっかり考えましょう。

投資について学び、少額から慣れていくのが賢明

普通のサラリーマンが銀行や郵便局での預貯金以外でお金を貯める方法といえば貯蓄型保険が一般的でした。しかし、マイナス金利の影響で貯蓄型保険商品が続々と販売休止になりました。保険でお金を貯めることができないとなると、金融商品を検討するご家庭が増えてもおかしくありません。銀行や郵便局から、「貯まっているお金を運用しませんか?」と外貨建ての保険商品や、投資信託といった金融商品の営業を掛けられることも少なくありません。しかし、金融商品は元本保証ということはなく、リスクがあって当然の世界です。投資について学び、少しずつ慣れていくのが賢明です。

失敗例:多くの投資による損失を出した団塊世代

団塊の世代の多くが退職を迎え始めた2005年~2007年頃、日経平均株価は12,000 円から18,000円と上昇し株式市場は賑わい、貯蓄から投資へと大きく個人投資家が増加した時期でもあります。従って多くの団塊世代の人たちが定年を迎え、退職金が振り込まれた銀行から投資信託を購入していきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >