2018/04/05 08:10

あなたの必要貯蓄率は?人生の中での「お金」の考え方

お金について「不安」を持っている人は多いでしょう。この先、何がどう変化するかわからない。年を取って悲惨な目には遭いたくはないと思います。そうならないために、まずは人生設計の基本公式で必要貯蓄率を出しましょう。
お金について「不安」を持っている人は多いでしょう。この先、何がどう変化するかわからない。年を取って悲惨な目には遭いたくはないと思います。そうならないために、まずは人生設計の基本公式で必要貯蓄率を出しましょう。

一生お金で苦労しないための必要な貯金額の計算方法

お金について「不安」を持っている人は多いと思います。そのココロは、この先何がどう変化するかわからないから。でも、年を取ってからお金が足りないなんて悲惨な目には遭いたくはない!というところでしょうか。わたしは一体何歳まで生きるのか、年金はちゃんともらえるのか。年金だけで暮らしていけるのか。老後のことを考えるとなんだか暗い気持ちになってきます。そんな心配することはありませんよ、と申し上げたいところなのですが、私たちは、想定以上に長く生きることになるでしょうから、リタイア後はかなり長いと覚悟しておいた方がよいでしょう。

国立社会保障・人口問題研究所の予想では、2050年には、女性の4人に1人は98歳まで、男性の4人に1人は93歳まで生きるとされています。また、総務省の家計調査によると、60歳以上で2人以上の無職世帯の消費支出は、現役時代の50歳代の支出の約7割ということです。定年後の消費支出は半分くらいになるのではないかなどと楽観視していてはいけませんね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >