2018/04/05 18:30

個人年金保険を解約するときの注意点と必要な書類とは

個人年金保険に加入しているけれど、保険料を払っていくのが厳しくなった、急にお金が必要になったなどの理由で解約を考えている人もいるでしょう。解約は最後の手段なので、その前に契約者貸付を利用する、払済保険に変更することを検討してみましょう。そんな、個人年金保険の解約前後の注意点をまとめました。
個人年金保険に加入しているけれど、保険料を払っていくのが厳しくなった、急にお金が必要になったなどの理由で解約を考えている人もいるでしょう。解約は最後の手段なので、その前に契約者貸付を利用する、払済保険に変更することを検討してみましょう。そんな、個人年金保険の解約前後の注意点をまとめました。

解約は最後の手段。その前にできることを考えよう

保険の解約は、保険を途中でやめることで、契約者の権利の1つです。ただ、契約時の約束事を契約者側が一方的に破ることになるので、不利になることが多いものです。個人年金保険の解約で不利になる点は、解約返戻金(解約したときに戻ってくるお金)が払い込んだ保険料を下回る、つまり、元本割れを起こすことです。

とにかくお金が必要で年金保険を解約するしかない場合、家計が厳しくなって保険料を払い続けられない場合は、解約はやむを得ないでしょう。とはいえ、解約は最後の手段なので、他の方法で何とかできないかを検討してからにしてください。

特に、予定利率の高い時期に契約した「お宝年金」(具体的には、予定利率が2.75%以上)は、せっかくの有利な条件を放棄することになり、もったいない限り。解約してから「惜しかった!」と思っても、二度と同じ有利な条件では契約できませんから、熟考が必要です。では、解約前に検討してほしいことを2つのケースに沿って紹介します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >