2018/04/06 08:10

新社会人がお金をしっかり貯めるコツは「先取り」

新社会人にはまず「先取り貯蓄」の習慣を身に付けることが、今後の人生においても大切です。ではどのように、いくら貯めていけば良いのか具体的にお伝えしていきましょう。先取り貯蓄は、使いやすい給与口座にお金が残らないので無駄使いからお金を守ることもできます。
新社会人にはまず「先取り貯蓄」の習慣を身に付けることが、今後の人生においても大切です。ではどのように、いくら貯めていけば良いのか具体的にお伝えしていきましょう。先取り貯蓄は、使いやすい給与口座にお金が残らないので無駄使いからお金を守ることもできます。

新社会人のお金の貯め方の注意点

社会人になりお給料をもらうと、学生時代とは使えるお金の量が増え、自由に使える事がとても嬉しく、ついつい調子にのってお金を使い過ぎてしまうことは、きっと誰もが経験することでしょう。初めてもらうお給料、初めての一人暮らしと、「スタート」が肝心ですから、お金をどのように扱っていくのか、しっかり考える時期です。今回は「貯蓄」にフォーカスしてお伝えします。

多くの人が借金に苦しむことなく、豊かな生活を送りたいと願っています。大富豪とまでは言わなくても、旅行に行ったり、好きな事に使うお金を持ちたいと思うことは自然なことです。しかし、豊かになるには、何をすればいいのかがわからない方がほとんどです。仕事で大金を稼ぐ、投資で儲けるなど色々考えるかもしれませんが、大切な事は仕事をして稼いだお金をどう残す(貯蓄)するか?です。

豊かさの法則「先取り貯蓄」の習慣化

これまで多くの家計相談を受けてきましたが、残ったら貯蓄しようと思ってる人はほぼ貯まりません。たまに「余ったら貯蓄する」という方法でしっかり貯めている人もいらっしゃいますが、そのような人の共通点は、何年も1円の間違いなく家計簿をつけ収支と残高をきっちり管理している人です。普通の人はなかなかそんな事はできませんので、まずは貯蓄をして残ったお金で生活をするという習慣を身に付けていくほうが確実に貯まります。「収入ー貯蓄=生活費」というように、お給料をもらったらまず貯蓄をして残ったお金で生活をする習慣を入社して最初の1年間でしっかり身に付けていきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >