2018/04/08 19:30

月収の1年分の貯蓄を目指す!300万円貯めるためのコツ

貯蓄の額は多いに越したことはありませんが、まず、目標にしたいのが月収の1年分。国税庁の民間給与実態調査によると、会社員の平均年収は400万円程度。手取り月収にすると25万円程度となり、1年分の手取り収入は300万円になります。300万円あれば、病気やケガなどで働けなくなったり、失業や転職など人生の転機が訪れたりしたときにもあわてず、心に余裕が持てる金額です。
貯蓄の額は多いに越したことはありませんが、まず、目標にしたいのが月収の1年分。国税庁の民間給与実態調査によると、会社員の平均年収は400万円程度。手取り月収にすると25万円程度となり、1年分の手取り収入は300万円になります。300万円あれば、病気やケガなどで働けなくなったり、失業や転職など人生の転機が訪れたりしたときにもあわてず、心に余裕が持てる金額です。

300万円の貯金は、心に余裕が持てる金額

貯蓄の額は多いに越したことはありませんが、まず、目標にしたいのが月収の1年分。国税庁の民間給与実態調査によると、会社員の平均年収は400万円程度。手取り月収にすると25万円程度となり、1年分の手取り収入は300万円になります。300万円あれば、病気やケガなどで働けなくなったり、失業や転職など人生の転機が訪れたりしたときにもあわてず、心に余裕が持てる金額ですよね。そこで、今回は年収400万円程度の方が300万を貯めるためのコツをお伝えします。

お金を目的別に整理しよう!

お金を貯める前に大事なことはお金を貯める目的を明確にすることです。300万円を貯めるといっても、何のために貯めるのかをはっきりさせることが大切です。というのも目的別に分けてお金を貯めないと、予定外の出費がでてきた時にうまく線引きができずに貯蓄を取り崩してしまいかねないからです。まず、お金を「日々出入りするお金」「5年以内に使い道が決まっているお金」「将来のためのお金」に分け、それぞれ別の口座や金融商品、方法で貯めるという仕組みをつくりましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >