2018/04/09 08:10

貯めたい人必見!「引き出しにくい」預け先ベスト5

いまや、日本全国どこでもコンビニATMを使えばお金を引き出せます。各金融機関も自行のATMだけではなくコンビニATMや提携金融機関を増やすなど、利便性がひと昔に比べて格段に向上しています。しかし、お金を貯めるためには、この利便性が時には邪魔をします。お金を貯めたいなら、あえて「不便」を感じる金融機関を選ぶことが大事なのです。
いまや、日本全国どこでもコンビニATMを使えばお金を引き出せます。各金融機関も自行のATMだけではなくコンビニATMや提携金融機関を増やすなど、利便性がひと昔に比べて格段に向上しています。しかし、お金を貯めるためには、この利便性が時には邪魔をします。お金を貯めたいなら、あえて「不便」を感じる金融機関を選ぶことが大事なのです。

引き出しにくい金融商品に預けてお金を貯める

お金を貯めたいと思ったときに、大切なことはいくつかあります。ムリなく継続できること、金利のいい商品を利用すること、目的に合わせてお金を預け分けること、管理がしやすいこと、使い勝手がいいこと……。このうち「使い勝手がいい」というのは、お金を預け入れるのに、わざわざ銀行の窓口に行かなくてもネットで簡単にでき、いざ引き出すときも近くのATMが利用できること、といった点が重視されます。しかし、今回、あえて「使いにくさ」で選んだ方が、お金が貯まるということを紹介します。

普通預金=生活資金については、引き出しやすさで選ぶべきですが、お金を貯めたいなら引き出しやすさは関係ありません。必要以上に普通預金口座に残っているお金は、定期預金など別の貯蓄商品に預け替えることが大切です。その際、いつも使っている銀行の定期預金に預けてしまうと、普通預金残高がなくなっても、定期預金を担保に自動貸越でお金を引き出すことができてしまいます。これは当然借金。金利が発生します。こうしたことを防ぐには、「あえて引き出しにくい定期預金」にすることがポイント。以下の5つのうち、自分にとって「使いにくい、引き出しにくい」と思うものを選びましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >