2018/04/09 20:25

新型ヴェゼル、ライバル達と比較して分かる魅力を分析

ヴェゼルが2018年2月にマイナーチェンジを受けた。2014年から2016年まで「SUV販売台数ナンバー1」に輝いた人気車だが、登場から4年以上が経ち、そろそろ次期モデルの存在も気になり始める頃。最新のヴェゼルの魅力をライバルと比較しながら考えてみた
ヴェゼルが2018年2月にマイナーチェンジを受けた。2014年から2016年まで「SUV販売台数ナンバー1」に輝いた人気車だが、登場から4年以上が経ち、そろそろ次期モデルの存在も気になり始める頃。最新のヴェゼルの魅力をライバルと比較しながら考えてみた

2018年3月時点でホンダ唯一のSUV「ヴェゼル」

2018年2月にマイナーチェンジを受けたホンダ・ヴェゼル。よりスポーティになった外観が目を惹く。フロントバンパーやグリルのデザインが変更され、インラインタイプのLEDヘッドライトが採用された
2018年中にもCR-Vの復活が囁かれているが、SUVブームの中、日本では2018年3月時点でヴェゼルのみを用意しているホンダ。

そのヴェゼルが2月15日にマイナーチェンジを受けた。外観のリフレッシュや「ホンダ・センシング」の全車標準装備などが主なトピックスで、さらに「SPORT HYBRID i-DCD」もチューニングを施すことによりスムーズな走行フィールを得たという。

2018年2月のマイナーチェンジで、「ホンダ・センシング」をガソリンモデル、ハイブリッドモデルの全タイプに標準装備
登場から少し年月が経ち、新車効果が一巡したトヨタC-HR。SUBARUフォレスターや日産ジュークなどはモデル末期を迎えている。マツダはCX-5をマイナーチェンジしてテコ入れを図っているが、効果が出てくるのは3月、4月からの販売だろう。また、三菱自動車の新エース、エクリプス クロスも登場したが、販売台数の数値として出てくるのはもう少しだけかかるかもしれない。

さらに、価格やサイズ、3列シートSUVということから絶対的な台数には限りがあるものの、絶好調だというマツダCX-8や新型エクリプス クロスなどをのぞき、2018年登場の(?)新型CR-Vや次期ジュークなどが出てくるまでは、国産SUVは少し端境期に入っている感がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >