2018/04/28 12:35

目覚めが悪い…朝起きられない10の原因と対処法

目覚めの悪さに悩んでいる方が多い一方で、早起きが得意、目覚めもすっきりという方も大勢います。では、その違いは一体何なのでしょう。起きられない原因には、ストレスや生活習慣に限らず、何らかの病気が関わっている可能性もあります。
目覚めの悪さに悩んでいる方が多い一方で、早起きが得意、目覚めもすっきりという方も大勢います。では、その違いは一体何なのでしょう。起きられない原因には、ストレスや生活習慣に限らず、何らかの病気が関わっている可能性もあります。

ストレス? 病気? 毎朝、起きるのが辛いという悩み

睡眠に関する悩みで、「眠れない」という悩みも辛いですが、「起きられない」という悩みも、社会生活を送る上では大きな問題になります。寝起きの悪さを気合いの問題で片付けず、その背後に隠れている原因を明らかにしましょう。

ここでは、睡眠医療認定医である、むさしクリニック院長・梶村尚史先生が監修された『起床術』から、起きられない10の原因と対処法、症状の見分け方をご紹介します。明日の朝から手軽に対策できる原因もあれば、医療機関への受診が望ましい原因もあります。

「朝起きられない」を克服するための10の原因と症状一覧

1. 睡眠不足型
朝、なかなか起きられない原因で、最も多いのがこれです。仕事やプライベートで忙しいからと、睡眠時間を削っていれば、睡眠不足になるのは当たり前。長期間、睡眠不足が続くと、日中の強い眠気や身体のだるさ、疲れやすさがひどくなり、頭の回転も鈍ってしまう。最善の解決法は、自分に必要な時間だけ、ぐっすり眠ること。この際ぜひとも、睡眠の大切さを再確認しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >