2018/04/16 18:15

散らかりにくい部屋に変える! 春の模様替え

もうすぐ春。「シンプルライフ」では、「モノを増やさず・捨てやすく・散らかりにくい」をテーマにした模様替えを提案します
もうすぐ春。「シンプルライフ」では、「モノを増やさず・捨てやすく・散らかりにくい」をテーマにした模様替えを提案します

模様替えしませんか?

春です! 居心地のいいお部屋にチェンジしませんか?
一雨ごとに暖かく、春めいてきた今日この頃。新生活に向けて、お部屋の模様替えを考えている人も多いことでしょう。でも、どんなに素敵な家具もカーテンも、すぐに散らかる・片づけにくい部屋では台無し。「シンプルライフ」では、「モノを増やさず・捨てやすく・散らかりにくい」をテーマにした模様替えを提案します。

どうする? 紙の資源ごみ

木箱を二つ用意し、上に新聞、下に雑誌・雑紙。たまったらそのまま結束→排出
お部屋が散らかる二大要因といえば、「布(服)」と「紙」。特に紙は、本や雑誌、新聞、チラシ、パンフレットにDMと、毎日外から入ってきます。これらのうちの相当量が、すぐに不用になる「紙の資源ごみ」となっていきます。これらをできるだけ早く排出することは、部屋をスッキリ保つためにとても大切です。

住んでいる地域にもよりますが、紙の資源ごみは、「新聞」「雑誌・雑紙」「段ボール」「牛乳パック」などに分けられます。これらに、それぞれ回収日までにまとめておける、決まった場所を設けていますか?

雑然として見える紙ゴミは、布でカバーを
ガイドは、最も多く出る紙の資源ごみ「新聞」と「雑誌・雑紙」を、写真のように二つの箱で管理しています。上が「新聞」、下が「雑誌・雑紙」。ふだんは、前に布を垂らして目隠ししています。回収日には、それぞれ取り出して紐をかけて排出します。分別しやすく捨てやすいので、部屋も散らかりにくいと感じています。

家具の上に吹きだまりを作らないカゴ分別

いつもついつい置いてしまう平面上を「カゴ」で埋め尽くし、今度は分類しながら入れていく
棚やカウンターの上などに、ついつい細かいものをゴチャゴチャにしてしまうなら、その面積いっぱいに、大小複数のカゴを並べましょう。大きなカゴには書類や雑誌、小さなカゴには小物類を、分類しながら入れていけば、なくしもの、探しものが減り、見た目もまずまずです。

絵や植物、飾り物は大きなものを一点

小さな飾り物をちまちま飾るより、大きなものをドーン、の方が掃除や手入れがラク!
ついつい、懐かしい写真やかわいい小物を飾りすぎて、ホコリをためてしまいませんか? また、いくつもの鉢植えや花瓶を置くと、水替えや水やりがタイヘン。「飾る」ものはなるべく数を減らし、その代わり、インパクトのある大きなものをドーンと飾る方がラクです。飾る絵がないなら、素敵な布をフレームに入れたり、子供の絵(なるべく小さい子のものの方が迫力があります)を拡大コピーしてもいいですよ。

ゴミ箱は吟味しよう

捨てるゴミを入れるものだからこそ、ゴミ箱にはこだわりたい
捨てやすい部屋のキモは「ゴミ箱」。ゴミを入れる入れ物なんか何でもいいと思ったら大間違いです。ゴミ箱こそ、捨てやすい、そしてお部屋に置いてイヤじゃない、素敵なものを選びましょう。大きさも、あまり小さいものではなく、立ったままゴミを入れやすい、やや大きなものがおすすめです。

模様替えで、素敵な春を!

広く見せるためには、ファブリックは白っぽい無地に替え、ゴチャゴチャを減らすためには、売られていた時のパッケージは隠すか捨てるかして、色やサイズを統一すると、お部屋の印象は驚くほどシンプルになります。ものを増やさず、散らかりにくくする仕組みも模様替えに取り入れて、素敵な春を迎えましょう!

(文:金子 由紀子)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >