2018/04/13 11:30

住民税はいくら?源泉徴収票の年収から計算するには

住民税は前年の所得の状況に応じて課税されるという「前年課税」です。会社員の場合、前年の年収の状況は「源泉徴収票」に記載され、それと同じ内容を記載したものが住所地の市区町村の税務課等に送られ、それをもとに住民税が計算されることとなります。「源泉徴収票」から、翌年にかかる住民税を計算することができます。
住民税は前年の所得の状況に応じて課税されるという「前年課税」です。会社員の場合、前年の年収の状況は「源泉徴収票」に記載され、それと同じ内容を記載したものが住所地の市区町村の税務課等に送られ、それをもとに住民税が計算されることとなります。「源泉徴収票」から、翌年にかかる住民税を計算することができます。

あなたの年収から住民税を計算する方法とは?源泉徴収票があれば計算できる

住民税は、前年の所得の状況に応じて課税されるいわゆる「前年課税」が基本となります。会社員(給与所得者)の場合、前年の所得の状況は源泉徴収票に記載され、それと同じ内容を記載したもの(給与支払報告書というように書式の名称が変わります)が住所地の市区町村の税務課等に送られ、それをもとに住民税が計算されることとなります。

つまり、お手元に源泉徴収票があり、そこに記載されている金額の内容を理解できれば、翌年課されるであろうおおよその住民税額が把握できることとなります。

住民税の申告とは?「賦課課税方式」で計算される

会社勤めの方や自営業者、アパートマンション経営をされている方であれば、特に「住民税の申告をした」という方は少ないでしょう。通常、会社勤めの方であれば年末調整を受けることで住民税を申告したことになります。自営業者、アパートマンション経営をされている方であれば確定申告をしたということが「住民税の申告をした」のと同じ取扱いを受けることになるからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >