2018/04/13 20:30

地震保険の補償を上乗せして100%補償にする方法

地震保険の補償は100%ついておらず、火災保険の50%が上限です。これはが被害を受けた住宅の再購入・再築ではなく、被災後の生活再建を目的にしているためです。住宅ローンを利用して返済途中である場合、全壊しても100%補償されないのは二重ローンや多重ローンの原因になります。一部の損害保険会社が発売している地震保険の上乗せの補償及びその他別の補償を上乗せして地震災害の補償を100%カバーする方法を考えてみました。
地震保険の補償は100%ついておらず、火災保険の50%が上限です。これはが被害を受けた住宅の再購入・再築ではなく、被災後の生活再建を目的にしているためです。住宅ローンを利用して返済途中である場合、全壊しても100%補償されないのは二重ローンや多重ローンの原因になります。一部の損害保険会社が発売している地震保険の上乗せの補償及びその他別の補償を上乗せして地震災害の補償を100%カバーする方法を考えてみました。

地震保険の補償に上乗せは可能?

地震保険は、地震災害ならではの特徴から、加入に際してさまざまな制限があります。地震保険は単独で加入することができないため、主契約の火災保険に付帯する形で契約します。そして火災保険の保険金額(契約金額)の30~50%で補償を設定します。制度上は仕方のないことではありますが、50%までの補償では、住宅ローンの残債が多いうちに地震災害で被災すると補償が不足します。地震保険の補償を上乗せして100%にする方法を考えてみましょう。

地震保険の仕組み

最初に、地震保険の仕組みと特徴について簡単に整理しておきましょう。地震保険の主な特徴は次のとおりです。

・建物の用途は住宅(店舗併用住宅含む)
・主契約の火災保険に付帯して契約する(単独では加入できない)
・火災保険の保険金額の30~50%の間で保険金額を設定(建物5000万円、家財1000万円が上限)
・保険金の支払いは全損・大半損・小半損・一部損の4段階 ・保険料は地域(3区分)と建物の構造(2区分)によって決定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >